ギャバの効果・効能

ギャバとはγ-アミノ酪酸の英語表記の頭文字を略して言葉ですが、一般的にはギャバで知られていますね。

ギャバは哺乳類の脳に多く含まれていることが知られており、ギャバは中枢神経系における代表的な抑制系の神経伝達物質であることがわかりました。

近年では、ギャバの抑制神経伝達物質としての作用以外の生理作用やギャバ類似化合物の研究が行われています。また健康食品市場においても「発芽玄米」の有効成分の一つとしてギャバは注目を集めています。

ギャバはアミノ酸の1種で、植物にも存在することが知られており、漢方でもシュロやオウギが高血圧症の改善物質としても用いられてきました。

ギャバの生理作用

ギャバは刺激に応じて放出され、神経伝達作用だけでなく、血圧上昇抑制作用、精神安定作用、腎・肝機能活性化作用、抗がん作用、アルコール代謝促進作用、消臭効果作用、肥満防止作用など、多岐に渡って報告されています。

@ギャバの記憶改善作用

脳の情報伝達は、興奮と抑制がバランスを保つことで成り立っており、アミノ酸系の伝達物質が重要といわれてます。興奮性機能にはグルタミン酸、抑制性機能にはギャバがその代表として知られています。

ギャバの脳機能の諸症状の改善作用としては、脳への酸素の供給量を増加させ、脳および脳細胞代謝亢進と活性化をするものです。また、脳障害の後遺症(脳卒中後遺症や脳動脈硬化症による頭痛、耳鳴り、記憶障害)、意欲低下の改善作用、頭部外傷後遺症による頭痛の治療、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善効果、ボケ防止、長期記憶促進作用、学習能力増強にもギャバが有効であると報告されています。

Aギャバの精神安定化・鎮痛作

ギャバの精神安定化作用の研究では、更年期障害、自律神経障害や初老期の不眠症に対してギャバが高い改善効果を示し、長期的に効果が持続することも観察されています。

Bギャバの血圧正常化・心疾患予防作用

高血圧モデル動物を用いた実験では、ギャバを含む発芽玄米の投与により血圧正常化効果が見られており、人についても臨床試験で血圧を下げる効果が観察されています。

Cギャバの内臓機能の活性化・その他抗がん作用

腎臓の血流量を増加させたり利尿作用の改善、肝臓や膵臓の機能改善、脂質代謝、便秘症状、肩こり、耳鳴りなどの改善も報告されています。

また、大腸ガン予防にも有効であるとの報告がありますが、発芽玄米等を用いた、純粋なギャバだけによる投与実験だけではないため、ギャバの作用だけでなく、他に含まれている抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの共存物質による作用によることも考えられます。

●発芽玄米とその栄養価

最近ではギャバを多く含む発芽玄米が健康食品の一つとして人気があります。玄米は胚芽に必要なビタミンやミネラルなど豊富に含む栄養価の高い食品です。玄米に水分を浸透させ、水分や温度などの条件が整うと胚芽中の酵素が活性化し、胚乳に貯えられているデンプン、タンパク質、脂質が分解され、デンプンは発芽のエネルギーに使われます。0.5〜1mm程度発芽した段階で、これ以上発芽しないように処理したものが発芽玄米です。この時、グルタミン酸からギャバが生成されます。ギャバの含量はもとの玄米に含まれている量の3-5倍にも増加します。また、発芽処理によって、玄米中では吸収されにくかった、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類の吸収も良くなります。また、アミノ酸は旨み成分へ、デンプンは甘味成分へと変化します。

ギャバを多く含む食品と製品

日本茶や米類をある条件下で保存すると、ギャバ含量が顕著に増加します。近年では大麦、カボチャ、醗酵食品(チ−ズ、味噌、しょうゆ)、ギャバロン茶、温室メロン、漬物(しば漬、すぐき、キムチ、ぬか漬)、ヨ−グルト、豆腐、粥などのあらゆる食品で、ギャバ含量を増加させるための様々な製造法の研究が進められています。またギャバと様々な食品の組み合わせや、種々の形態のサプリメント(粒状やタブレット)なども製造され、ギャバ商品の多様化がなされています。

●医薬・治療 

パーキンソン病やてんかん患者の髄液中のギャバ量が減少していることが認められたことなどからギャバの投与が期待され、多くの研究が実施されてきました。すでに国内でもギャバは脳代謝を促進する医薬品として製品化されており、脳梗塞、脳動脈後遺症による頭痛、耳鳴り、意欲低下などの脳血管障害の諸症状改善・治療に用いられています。

ギャバの安全性と今後

ギャバの安全性についての研究は余りありませんが、大量のギャバを経口摂取しても血液・脳関門をほとんど通過しないことなどから、ギャバは比較的安全な物質とされています。しかし、何らかの疾患がある場合には、誤った自己の判断でギャバだけを摂取しても十分な治療や改善の効果は期待できないだけでなく、病状を悪化させてしまうことにもなりかねません。必ず医師の診断を受け、指示に従うことが大切です。ギャバを利用する場合はバランスのよい食事を適切に摂った上で、補助的にギャバを摂取することが良いでしょう。

2007.04.27.08:16 | Permalink | Track Backs (0) |

Track Back URL: